恐怖のシロアリ屋敷に化した友人宅


近所の友人から恐ろしい話を聞きました。

夜、明かりを消して寝ようとするとどこからともなくかすかな音が聞こえてくるというのです。音の原因はわからず、眠れぬほどの音量でもないので一週間ほどほおっておいたのですが、ある時下駄箱の奥の方の靴を取り出そうとしたら下駄箱の裏の板がぼろぼろになっており、大きな穴があいていたそうです。

不審に思い、すべての靴を取り出し下駄箱を移動したら、そこにはうにゃうにゃと白い何かが動いていたそうです。近づいてみるとこれはまさに「しろあり」!!!

あまりの驚きに呆然としていてはっと思い立ったのが、これはどこから来たのか?という疑問でした。しろあり=古い木の家のイメージがあったのに友達の家はマンション。ショックを受けた友達は家じゅうの部屋のチェックを始めました。

そして、年ごろの娘の部屋のベッドの下のカーペットが汚れているのが気になり一気にめくると。。。そこの床一面がうごいているではありませんか!!!まさしく、シロアリの巣の上に可愛い娘が毎日寝ていたのです。

その後、シロアリ退治の業者にすぐ連絡して駆除してもらったそうですが、業者さん曰く、シロアリはマンションでは縦方向に移動するということで、発生した部屋の縦ラインの部屋にもシロアリが移動している可能性があるということです。我が家は友達の家の斜め下の家だったので大丈夫だったのですが、この話を聞いた後、友達の家からお茶のお誘いがあっても怖くてなかなかお誘いにこたえる勇気がでませんでした。

シロアリ被害の恐ろしさ…暗くてジメジメしたところ

家の暗くてジメジメしたところにシロアリは巣をつくる場合が多くあります。そのため発見しにくいと言えます。

シロアリが家の柱などの木材を食い尽くして家が倒壊することもあるのですからシロアリの被害に遭ったら大変です。家の土台は普段目にすることがないので、シロアリの被害にあっていても気がつかない場合が多くあります。

日本は地震が多く、また台風などの影響もあるので、シロアリのせいでもろくなった家がちょっとした揺れなどで壊れてしまう可能性も高くなると考えられます。
そのためにも、シロアリの存在が疑われた場合には素早く専門業者に対処してもらうようにすることが大切です。

全国各地には大小様々なシロアリ駆除の業者があります。
これから家を建てようとしている人や建て替えの時などにシロアリ対策をすることはとても大切なことです。大切な家と家族を守るためにもシロアリ対策について今一度考えることが大切です。

シロアリ対策の工事を保証してくれる下のURLのような会社もあるので、お困りの方は色々チェックしてみるといいですよ。http://shiroaritaisaku.com/hosyou